報告日:2013-10-01
ネット21川越で写真展「ふるさとは、今」を開催
 
活動期間 2013年9月21日(土)〜2013年9月28日(土)
内   容
 9月21日(土)から28日までの一週間、ライフサポートステーションネット21川越において、浪江町出身の写真家・高木成幸さんの写真展を開催しました。
初日の21日には、高木成幸さんの講演と、高木さんの写真を背景に、詩人である熊川多恵子さん(浪江町から朝霞市に避難)の朗読会が開催されました。会場には多くの方が来場され、高木さんのお話と、熊川さんの詩の朗読に聞き入っていました。
熊川さんの詩の朗読は、自身が作った詩の朗読でした。「冷静さを失った大気が 通り過ぎるのを/だ 黙って待つしかなかった/ やがて ざわめきが消え /あとには 雑然とした空間だけが/無神経に居すわった/ぼくらは あの日「またね」 と言って別れた」(詩の一部を抜粋させていただきました)
美しい自然の写真と大地震・大津波・原発事故後の町の写真と穏やかな音楽の中で、熊川さんの想いのこもったひとつひとつの言葉が、胸に残る朗読でした。
今回は、主催:(一社)埼玉労福協  会場: ライフサポートステーションネット21川越 という新しい形での開催となりました。
この期間、高木さんの同級生や川越市近隣に避難されている方、「被災者支援」に携わっている方など約80名のご来場がありました。できれば、埼玉県内で再度「写真展&詩の朗読」を開催しいたいと考えています。


添付資料 添付ファイル
コメント:
戻る >>