活動報告
報告日:2005-02-09
第33回福祉講座「もし、巨大地震が起きたら・・。」
 
活動期間 2005年2月7日(月)
内   容
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
吉沢邦雄 埼玉労福協理事長
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
角田史雄 埼玉大教授の基調講演
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
上原泰男 東京災害ボランティアネットワーク事務局長
第33回福祉講座「もし、巨大地震が起きたら・・。」に130人が参加

昨年10月23日に新潟中越地震が発生し、12月26日はスマトラ沖地震が発生しました。近い将来、東南海を震源とする巨大地震の発生も危惧されています。
今年の「福祉講座」は、働く人々の職場でその対応を考えることをテーマとして、「もし巨大地震が起きたら」と題して開催し、130人が参加しました。

【時間】13:00〜17:00

【プログラム(概要)】
   13:00 開会
   13:05 主催者挨拶(吉沢邦雄理事長)
   13:10 講演(第一部)
       「埼玉県の地震災害」
         講師 角田 史雄氏(埼玉大学工学部教授)
   14:30 休憩
   14:40 講演(第二部)
      「帰宅難民にどう対応していくのか」
         講師 上原 泰男氏 (東京災害ボランティアネットワーク事務局長)
   15:30 <問題提起>
      「阪神・新潟中越地震のボランティア体験を通して」
         報告者 新井稔氏  (JAM埼玉・クノールブレムゼジャパン労組執行委員長)
   16:00 講演(第3部)
      「埼玉県の防災計画について」
         講師 飯田 健一氏(埼玉県環境防災部消防防災課 副課長)
   17:00 閉会



添付資料
戻る >>