報告日:2015-12-16
(一社)埼玉県労福協第7回(臨時)社員総会を開催
 
活動期間 2015年12月16日(水)〜2015年12月16日(水)
内   容
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
議長就任挨拶をする小林孝徳代議員
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
理事会を代表して挨拶する小林理事長
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
新任の理事を代表して挨拶する中村理事
 一般社団法人埼玉県労働者福祉協議会は、12月16日(金)にさいたま市内で臨時の第7回社員総会を開催し、社員団体の総会等で退任となった理事の補欠選挙を実施しました。
 第7回総会は9時57分、永田専務理事の司会で開会が告げられ、出席した7人の社員団体から選出された議決権行使者の中から、小林孝徳さんが議長に選出されました。
 小林孝徳議長は、議長就任挨拶の後、本総会の議事録署名人について、「議長並びに出席した理事・監事全員が署名人となる」ことを告げ、埼玉労福協佐藤宏事務局長を書記に指名しました。
 続いて、埼玉労福協・小林理事長が理事会を代表して挨拶、労福協が進める奨学金問題に関する署名活動の取り組みや、広域避難者支援の意義について所管を述べられました。また、第7回総会について、議題は「欠員理事の補充」であり、出席代議員(議決権行使者)の理解と協力を求めました。
 議長は、第1号議案(欠員理事の補充)について、永田専務理事に提案を求めたため、永田専務理事から辞任届が提出された3名の理事指名と新たに立候補された3名の理事候補を紹介、議長に裁決を要請しました。
 議長は、理事候補として紹介された(身幹雄さん大谷誠一さんC翅疾橘Δ気鵑砲弔い董∈朷茲鮃圓ぁ議決権行使者全員の賛成で、3名の理事が承認されました。本日選出の3名の任期は2016年5月の第8回社員総会までとなります。


添付資料
戻る >>