報告日:2018-07-01
中央労福協2018年度全国研究集会に参加しました。
 
活動期間 2018年6月4日(月)〜2018年6月5日(火)
内   容
6月4日〜5日の2日間、岡山市のホテルグランヴィアで中央労福協2018年度全国研究集会が開催されました。研究集会には全国から324人が参加しました。
 集会では、神津会長による主催者挨拶のあと、伊原木岡山県知事、大森岡山市長、金澤岡山県労福協会長から歓迎のあいさつをうけ始まりました。
 2018年度全国研究集会は、メインテーマに「貧困や社会的孤立に陥らない地域をつくろう!」、サブテーマとして「支えあい、助け合いのネットワークを広げよう!」を掲げた集会で、埼玉からは5名がが参加しました。
 1日目は、厚生労働省社会・援護局 生活困窮者自立支援室長の本後健氏から「(仮)地域共生社会がめざすもの」と題する講演を受けました。また、NPOスチューデント・サポート・フェイスの谷口仁史さん(代表理事)からは、「若者支援の“これまで”と“これから”」をテーマに、佐賀県における伴走型の就労支援事業について報告がありました。
2日目は、各団体から事例報告とパネルディスカッションが行われました。   
*事例報告1:コープファームおかやま(就労支援事業所A型事業所)
*事例報告2:ワーカーズコープ中四国事業本部(仕事づくり)
*事例報告3:北海道労福協(北海道奨学金ネットワーク)
*事例報告4:沖縄県労福協(ゆめ・みらい基金)
*事例報告5:徳島県労福協(若者サポートステーションなど)
研究集会終了後、埼玉労福協参加者は、神戸市にある賀川豊彦記念館を訪問し、有意義な二日間の研修を終え埼玉に戻りました。          



添付資料
戻る >>