報告日:2019-10-17
2019年度埼玉県要請を提出しました。
 
活動期間 2019年9月17日(火)〜2019年9月17日(火)
内   容
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
 9月17日、埼玉労福協として埼玉県知事への要請を行いました。出席者は小林理事長、近藤副理事長、金井副理事長、吉川理事(県生協連)、永田・佐藤の6名で、連合埼玉の役員も同席しました。
 要請は6分野・24項目で、生活困窮者支援を始め、子育て支援、防災に関する施策やフードバンク埼玉の支援も盛り込みました。
 また、労働者協同組合法の成立を睨んだ「協同組合の周知」や行政と生協が
対等の関係で連携すべきであること、SDGsに関する県としての取組みについても盛込みました。
 当日は、大野知事が直接対応され、要請に対する感想をのべたあと、「県政に反映していきたい」との発言もありました。
 今後、埼玉労福協に加盟する労働者自主福祉事業団体や生活協同組合、ワーカーズコープとの連携を強化し要請項目の実現に向けて努力します。



添付資料
戻る >>