事業紹介詳細

エコキャップ運動

エコキャップ活動の取り組み
活動の実績
お問い合わせ先・送付先

「エコキャップ運動」とは、ペットボトルのキャップを核とし、環境・資源・福祉をテーマに推進されている運動です。
ペットボトルのキャップを分別回収することにより、再資源化を促進し、キャップの売却益を「NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会」(以下「JCV」)へ寄付することで、開発途上国の子どもたちにワクチンを届けるための協力を行っています。
広島県労福協は、県内全地区で「エコキャップ運動」を展開しています。 

エコキャップ活動の取り組み

県労福協が取り組みを行っている「エコキャップ活動」については、エコキャップ推進協会の寄付金滞納問題が報道されて以降、中央労福協としては「今後はエコキャップ活動を推進しない」との方針が示されました。
県労福協としては、中央労福協の方針を重く受け止めざるを得ない状況のなかで、
|篭莽福協の多くは定着したボランティア活動として、継続を希望している。
▲┘灰ャップを提供してきた、リサイクル業者[西原化成・みどり商会]は、エコキャップ推進協会を介さず、「NPO法人世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」に直接売却益の一部を寄付する事としている。
以上のことから、世界の子どもへワクチンを提供する道は確保されていることを踏まえ、広島県労福協はこれまで通りエコキャップ活動を継続しています。引き続きご協力をお願いします。  

活動の実績

≪参考≫
1圓430個としてとして計算しています。
860個でポリオワクチン1人分が購入できます。
1圈430個)が焼却されると、3.15圓CO2が発生します。

 取り組み累計(2018年3月末現在)
  ◆重 量       33,959圈 (昨年3月末比    5,325堊)
  ◆数 量    14,348,838個  (昨年3月末比  2,289,750個増)
  ◆ワクチン人数   17,025人分 (昨年3月末比   2,663人分増)

≪ペットボトルのキャップ提供についてのお願い≫
●ペットボトル飲料のキャップのみを集めてください(栄養ドリンクなどの金属キャップは集めていません)
●ペットボトル飲料のキャップに貼ってあるシールは剥がしてください(リサイクル使用不能になります)
●可能な限り洗ってください

※当団体は、集めていただいたペットボトルのキャップを直接訪問し引き取る等の収集を行っておりません。直接お持込みいただくか郵送、宅配便にて送付下さいますようお願いします。
※当団体はご協力により集められたペットボトルのキャップをリサイクル業者へ運び、買い取ってもらった売却益はリサイクル業者を通じて全て「JCV」に寄付しております。
※詳細は、当団体までお問い合わせください。  

お問い合わせ先・送付先

広島県労福協
〒732-0825 広島市南区金屋町1-17(ワークピア広島内)
TEL:082-506-3030 FAX:082-506-4030



戻る >>