事業紹介詳細

貧困や多重債務のない社会の実現の取り組み事業

◆まちかど生活相談会・暮らしとこころの相談会◆
◆最低生活保障と社会的セーフティネットの充実◆
◆多重債務対策◆

この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
相談会の様子
所得の低迷や格差の拡大に歯止めがかからず、生活保護世帯・受給者は増加し続け、一世帯所得も減少しています。非正規雇用のみならず、正規雇用も例外でなく多くの勤労者の生活はますます厳しくなってきています。
中央労福協は、改正貸金業法(2010年完全施行)の見直しの動向が顕在化している事から、関係団体と連携し、運動の成果を逆行させることの無いよう、院内集会など必要な取り組みを進めています。
県労福協は、中央労福協と連携し、安心・安全な福祉社会実現に向け、引き続き取り組んでいきます。 

◆まちかど生活相談会・暮らしとこころの相談会◆

☆場所:JR広島駅南口エールエール地下広場
☆2017年3月28日(火)10:00-17:00 暮らしとこころの相談会
☆2017年3月29日(水)10:00-17:00 暮らしとこころの相談会

予定
2017年6月13日(火)・14日(水)まちかど生活相談会(反貧困ネット主催)
2017年9月5日(火)・6日(水)暮らしとこころの相談会(弁護士会主催)  

◆最低生活保障と社会的セーフティネットの充実◆

広島県労福協は、反貧困ネットワーク広島の活動に参加してシェルター運営資金の助成やまちかど生活相談会で社労士の派遣やおむすび等を提供しています。  

◆多重債務対策◆

2010年6月に改正貸金業法が完全施行されました。この成果を踏まえ今年度も引き続き多重債務対策の取り組みを強化します。

http://all.rokin.or.jp/advice/
全国労働金庫協会「マネートラブルにかつ!」



関連ホームページ
戻る >>