Action!全国福祉強化キャンペーンがスタート!

 2020年に入り、新型コロナウイルス感染症によるパンデミックが全世界に広がっています。我が国においても、多くの国民が「感染拡大の防止」と「社会・経済活動の再開」のはざまの中で、生命・健康の不安と経済低迷による所得低下・雇用不安を抱えながら、生活を送っています。休業・失業等によって困窮に陥っている生活者(勤労者・学生等)への支援は急務です。

 「全国福祉強化キャンペーン」は、毎年全国47都道府県の労福協が一斉に取り組む「福祉強化」を目指すキャンペーンです。
 2020年は10~11月を取り組み強化期間として、今こそ、労福協の力を。を合言葉に、困難を抱える生活者に寄り添いながら、穏やかな日常を取り戻すことをめざして活動を展開します。

2つのテーマ

  1. 労働者福祉運動で、共助の輪を地域に広げよう!
  2. 生活・就労支援を地域のネットワークで支えよう!

今こそ、労福協の力を。

重点課題(全国統一行動)

  1. 地方自治体への政策・制度要請(緊急の要請行動)

    ① 通常要請

    ② コロナ禍対応に関する緊急要請

  2. 相談・情宣活動の充実、強化

    ① 奨学金に関する全国一斉相談

    ② 事業団体(ろうきん・こくみん共済 coop)との連携

    ③ 中央労福協が行う取り組みの有効活用

  3. 生活・就労応援基金(愛称:ろうふくエール基金)と連動した取り組み

ひとりで悩まないで。
奨学金に関する全国一斉相談

 新型コロナウイルス感染症の全国的な拡大により、休業・失業、所得の低下などが深刻化しています。生活が苦しい、家計が厳しい中での奨学金の返済は大きな負担となります。
 今年も全国の労福協で「奨学金に関する全国一斉相談」を実施します。「返済で生活が苦しい」「延滞金が減らない」「コロナの影響で職を失い返済できない」「裁判所から督促が届いた」など、奨学金の返済に関わるお悩みをお持ちの方、ひとりで悩まず、ぜひご相談を。

ろうふくエール基金にぜひご支援・ご協力をお願い致します。


こくみん共済coopは、未来ある子どもたちを守る取り組みをはじめました。各プロジェクトの詳細はコチラから!

労福協のさまざまな取り組み

TOPへ