ろうふくエール基金

ろうふくエール基金 ご寄付のお願い

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い仕事や住まいを失ったり様々な困難を抱えた人たちを支援するため、中央労福協は生活・就労応援基金(愛称:ろうふくエール基金)を設置し広く寄付を募り、地方労福協が取り組む1) 緊急生活支援、2) 困窮者支援に携わる相談員・支援員の応援、3) 就労・居住支援事業の立ち上げ・拡充―を促進します。

 みなさまのご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

基金の使途について

 ろうふくエール基金に皆さまからいただいた寄付金は、地方労福協が取り組む以下の活動に活用させていただきます。

緊急生活支援

 コロナ禍に伴う休業・失業、生活困窮、住居喪失などの困難を抱え、所持金のない相談者を公的援助につなげるまでの食料・宿泊等の緊急支援経費の一部、および就労支援訓練時の交通費など国や自治体の補助対象とならない支援経費の一部を助成します。

生活困窮者自立支援事業の相談員・支援員への応援

 生活困窮者自立支援事業の相談員・支援員は、自らが不安定な雇用で賞与や特別手当も支給されない中で、コロナ禍に伴う相談の急増に対応し、感染リスクも負いながら相談者に寄り添った支援を行っています。支援者が疲弊し相談崩壊しないために「支援する側を支える」ことも、とても重要です。このため、地方労福協が自治体より受託している生活困窮者自立相談支援事業の最前線で奮闘している相談員・支援員に感謝の気持を込めてエールを送り、ささやかながらも連帯の応援金を届けます。

就労支援、職業訓練、雇用創出、居住支援などの事業への助成

 地方労福協は、労働組合、労働者福祉事業団体、協同組合、NPOなどと協働し、様々な地域福祉活動に取り組んでいます。今回のコロナ禍に対しても、労働者福祉のネットワークが連携し、社会的役割を発揮していくことが期待されます。このため、地方労福協が実施もしくは関係団体と連携して行う就労支援、職業訓練、雇用創出、居住支援などの新規事業の立ち上げ、またはコロナ禍に対応した事業の拡充を促進するため、その経費の一部を助成します。

TOPへ